FC2ブログ

江戸川区の美容室ブログです☆

美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルツハイマー病の治療を目指す600人規模の臨床研究が近く始まる。5年間で二十数億円を投じ、治療薬の開発と有効性の検証に重要なアルツハイマー病の進行解明、診療所でも早期診断ができる体制を目指す。この病気では国内最大規模の臨床研究になる。

 プロジェクトを支援する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とリーダーの岩坪威・東京大教授(神経病理学)らが19日、発表した。

 国内認知症患者は約170万人といわれ、その6割以上がアルツハイマー病だ。発症に先立ち、軽度認知障害(MCI)と呼ばれる物忘れなどの症状が見られる。その5?10年前にベータアミロイドと呼ばれる異常たんぱく質の蓄積が始まる。症状の進行を遅らせる薬はあるが、受診時に発症していることが多い。根本治療薬の開発と早期診断が課題だ。

 計画では、東大病院など全国の36医療機関▽製薬企業10社と画像診断装置メーカー7社が参加。60?84歳の健康な人やMCI患者、早期アルツハイマー病患者の計600人に2?3年間、定期的に脳の画像診断と脳脊髄(せきずい)液や血液検査、認知機能テストを実施する。認知症の進行と医学データを検証し、早期診断のための指標作りなどに役立てる。


そうなんだ
そんなふえているんだね
大変だ
私も気をつけないと 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。